おおきな愛をつかむ結婚相談室

お知らせ

Vol.5 心の中のスイッチをONにする [結コラム]

ダイエット、コスメ、ヨガ、ピラティス、スポーツジム、マッサージ、サプリメント・・・女性が綺麗になるための方法が巷では大ブームです。もちろん、私も幾つか実践している張本人ですが・・・。
でもちょっと待ってください。
お友達や同僚の中で「あの子、なんだか綺麗になったな」と突然感じることってありませんか?
尋ねてみると「恋人が出来た」や「結婚が決まった」という理由が少なくないはずです。
それにしても、あの輝きは一体なんなのでしょう?

自分の好きな男性から自分も好きになってもらいたい、愛されたいと思うと自然に心の中のスイッチがONになり、内面からの輝きが生まれてくるのでしょう。
恋によって心が満足すると、食べすぎも防いでくれ、なんとなくスリムに見えたりもします。
でも「そうは言っても、恋の対象となる相手が身近にいない」と嘆きのあなた。
ならば、エステに行くより先に“恋をして幸せな結婚”、“きれいな自分”、両方手に入れられる新しい方法として 考えてみてはいかがですか?

話は変わりますが、「恋人募集中です!」や「結婚したいです!」と大声で言える人は、まずいないと思います。
でも、「結婚したい自分」を前向きに出し行動に移すことにより運命が変わる・・・信じられますか?
結に入会した方で、入会後まもなく同僚の人からプロポーズをされたという事例が、数件ありました。
今まで、友達としか思っていなかった男性からのプロポーズでしたので本当に驚いたそうですが、お話しにいらした時はその会員さんは、喜びを隠し切れない様子でした。
入会後、こちらからのセンスアップの為のアドバイスも功を奏したのでしょうか。
私達が結婚までお手伝いできなかったことは残念でしたが、その人に幸せが訪れたことには違いありません。

ホームページをご覧の方に少しでも多くのことを伝え、ご理解して頂きたくてこんな“裏話”まで掲載してしまいました。

マリッジカウンセ結 at 11時09分     トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

Vol.4 結婚後のトホホ…を一つでも減らすために [結コラム]

「生涯、寄り添える人も子供も無いのは淋しい…。機会があれば結婚したい。」
そう考える人達に素敵な出逢いを提供したいと願い、この仕事をやっています。
特に多くの女性が「結婚後も今の仕事を続けたい。」と希望しています。
仕事を続ける為には、「お互いの実家から近くに住める人と結婚して、お互いの両親にも育児の協力をお願いしたい。」
その他にも「結婚するなら○○の人」なんていう希望条件が、誰にでもあるはずです。

私も20代前半の頃、初めて結婚を意識した、大好きな彼と涙をのんでお別れした経験があります。
なぜかと言うと彼の「Uターン就職」。
大学へ通うために、隣町でアパート住まいをしていた彼と、お付き合いしていました。
突然、彼から「卒業したら田舎へ帰らなければならないんだ。一緒に帰ってくれるか?」と言われました。
彼の田舎と私の家とは車で約7時間。
彼以外に友達もいなければ親戚もいない。
上手くやっていけるだろうか? はっきり言って不安でした。
今思えば、こんな状況でも幸せに暮らしている家族はたくさんいます。
でも、当時の私には飛び込むことが出来ませんでした。
結婚となれば「好き」だけでは暮らしてはいけません、良い時ばかりではありません。
そして、2人で出した結論は…「卒業を機に別れよう。」でした。
そして、忘れられるまでは辛い日々となりましたが、まだ若かった事もあり、思ったより早く立ち直ることが出来ました。

失礼ですが、このコラムを読んで下さっているあなた。
やり直しのきく年令は越えていらっしゃいませんか?
そんなあなたの為に結の出会いをお勧めします。
例えば、ルックスや住所、学歴、身長、年収、趣味。もっとシビアな部分では、結婚後の親との同居。
こんな事まで確認できる出会いがあります。
あとはこの人と「夫婦として、価値観が合うか。」を確かめるだけです。
お会いした時に、家事の分担はどう考えているのか? 子供は何人欲しいか?などを確認しあってください。

結婚後のトホホ(こんなはずじゃなかった…と言う気持ち)を一つでも減らすため、事前になんでも話し合えるのが「お見合い」の利点です。(結のお見合いは、喫茶店や結のオフィスにて行ないます。お互いのご紹介時のみ、お立会いし、その後は2人きりでお話していただきます。)

また、ある男性からはこんなご意見も頂きました。
気になる女性を食事に誘ってOKをもらっても、相手が「結婚相手を探している人」のか「恋人は欲しいけど結婚願望はない人」なのか、はたまた「恋人がいるけど、友達として、来たのよ。」なのか、まったく分からない。
「ぼくは『結婚をしたい人』と出逢いたいから、登録をしました。」

繰り返しますが、20代前半位までなら失敗してもやりなおす時間はあります。
多少、遠回りでも情熱的な恋愛を楽しむべきだと思います。
しかしながら、今は男性も女性も結婚をギリギリまで、先延ばしにしているでしょう?
年令も自分自身のギリギリ(自分自身の適齢期)なら、効率的な出逢いで、もっと早く“幸せへの近道”を見つけ出せると思うのですが…。

マリッジカウンセ結 at 11時04分     トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

Vol.3 少しだけ違う自分自身を楽しんでもらいたい [結コラム]

30代の未婚女性のほとんどが、「良い出会いがあれば、いずれは結婚を考えている」というデータがあります。
なかなか踏み切れない理由の一つに、父親や身近な男性と、理想の夫像との間に大きいギャップがあるのではないかと、結は考えています。
現代女性の求める夫とは「妻の仕事を理解し、家事育児の協力をしてくれる人」。

望まれる夫像を例にあげましたが、今まで、こんな風に「異性の気持ちや本音」を聞いた事がありますか?
特に、異性の友達が身近にいなかった方は新しい発見の場になるはずです。
つまり、異性に対しての話の仕方や表情、禁句、誕生日のプレゼントなどなど、こんな話まで一緒にしたいのです。
情報提供だけが私達のお手伝いではありません。
時には男女問わず、センスアップの為に一緒にお買物に行ったり、髪型やメイク、カラーコーディネートのアドバイスをしたりもします。
性格面や考え方もとことん、お話し合いします。

特に「仕事を一生懸命している、さっぱりタイプの女性」に多い傾向なのですが、「“ありのままの自分”を好きになってくれる人と出会いたいから、変える必要ないわ。」と、言う方がいらっしゃいますが、そんな人だからこそ、結婚相手に巡り合えなかったのかも知れませんよ。
俳優さんのように少しだけ違う自分自身を楽しんでもらいたいのです。
もちろん、取り繕って自分だけが譲歩するのではありません。
ちょっと努力をして素敵になったあなたには、もったいない位の「素敵なお相手」を射止めることが出来るかも?!
結は、そんなお手伝いもしたいのです。

マリッジカウンセ結 at 11時00分     トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

カレンダー

3

2020


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリーリスト

新着エントリー

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0
RSS1.0  powered by a-blog     [Login]

ページの先頭へ